子供の才能の見つけ方※親がやってあげられること

子供の才能はどうやって見つける?

まず親がやるべきこと

私は4歳の子を持つ父親です。子を持つ親であれば、子供の才能をしっかりと見極めて、伸ばしてあげたいと思いますよね。

私も子供にはできれば得意分野で活躍して欲しいと思い、子育て関係の本を何冊か読み、ネットでも色々と調べました。

どうすればよいのかはそれぞれ意見があって、人によってやり方が異なり、どれも間違いではないのだろうと思います。

ただ、子供の才能を見つける方法として必ず一致している意見があります。それは、習い事など、子供にやらせることについて親が押し付けないことです。

子供の習い事を全て親が決めて、強制的に習わせてもそれによって才能が開花する可能性は極めて低いとのことです。

中にはそれで才能が開花する子もいるとは思います。でも、好きでもないことをやっている子がその分野で伸びていくことは難しいです。自分の子供時代を振り返って心当たりある人もいるのではないでしょうか。

私は小学校2年生から6年生まで、親に言われて公文に通わされましたが、全く好きになれず、なかなか成績が伸びなかったのをよく覚えています。

私の妻も小学校から高校までピアノを親に習わされ、好きでもないピアノのレッスンが本当に苦痛だったそうです。それなりに弾けるようにはなったみたいですが、 ピアノ教室をやめてからは一切弾かなくなり、今はもう譜面を見ても弾けないそうです。

結局、好きでもないことを無理やりやらせても伸びないということです。(全く意味がないわけではありませんが)

親がやるべきことは選択肢を示してあげること

では、子供が好きなことを見つけるまで何もしない方が良いのか。これだと放置になってしまいますね。

10年くらい前のことですが、テレビでビートたけしさんが子育てについてこんなことを言っていました。

「子供が将来進む道は子供に決めさせろって言うけど、親が子供にどんな選択肢があるのかを教えてあげないとダメでしょ。だって、子供はこの先どんな選択肢があるのかは分からないんだから。」

これを聞いた時にとても納得したのを覚えています。自分の経験から、もっと親に色々と教えてもらっていたら、また違った人生になっていたなというのがあったからです。

子供が自分で好きなことを見つけて、やりたいというのであれば、親はその支援をすればよいのだと思いますが、そうでない場合は 親がどんな選択肢があるかを教えてあげる必要があると考えます。

例えば習い事であれば、いくつか候補を示してあげて子供に選ばせると言った感じです。

子供の才能をどうやって見抜くか。

選択肢を教えてあげて、子供に選ばせるとしても、できれば子供が才能を発揮して伸びる分野のことを選択肢として教えてあげたいですよね。

普段の生活の中で子供を観察して、この子は何に向いているかを見抜くのは簡単ではないです。簡単にできたらみんなやってますし、それが難しいから悩んでいるわけです。

とにかく色々やらせてみて、その中から才能がありそうなものを集中してやるという方法もあります。

しかしこの方法はお金と時間がかかり、現実的ではないですよね。

我が子が何に才能を発揮するのか。傾向だけでも具体的に教えてもらう方法はないのかと考えていたところ、たまたま見たテレビでその方法が紹介されていました。本当にタイムリーでした。

それは遺伝子検査というものです。今は遺伝子検査で子供がどんな才能を持っているかが分かるんです。科学の進歩はすごいです。

その番組の動画は以下になります。

子供の才能を見つける遺伝子検査とは?

子供が下記の各能力で、どこに強みがあるのかを具体的に知ることができるようになります。
〇学習能力(記憶力、読解力など)
〇身体能力(瞬発力、持久力など)
〇感性能力(ストレス耐性、注意力など)

全てについて調べることもできますし、学習能力だけ調べるといったこともできます。

動画でも紹介されていましたが、やり方も非常に簡単で、申込すると検査キットが自宅に送られてきて、その中の綿棒で口の中の細胞を採取して返送するだけなので、痛みもなく、自宅でできるので手軽です。

子供の才能を見つけることができれば、今後どのような習い事をさせるべきなのか、どのような学習方針で行けば良いのかが明確になりますよね。

お世辞にも安いとは言えない料金ですが、遺伝子検査をしていなければ、やみくもに色々な習い事をさせたりして出費が増えていた可能性もあり、 そう考えれば1回の投資で今後の方向性が分かるのであれば後悔はないです。

動画で紹介されていた遺伝子検査をやってくれる機関は以下になります。子供の才能や可能性を知りたいのであれば、受けてみる価値ありです。

>> 子供の遺伝子検査を受けてみる